これで結婚式が盛り上がること間違いなし!

友人の結婚式、おすすめの余興をご紹介

やっぱり定番の歌や楽器演奏がいい!

結婚式の披露宴で盛り上がるものといえば、新郎新婦の友人による余興ですよね。
実は、この余興に関しては否定的な意見もあります。
余興なんて、だいたいが退屈なものだからやらない方がいい。
当日までどうなるか分からないし、時間と労力も必要だから無理してやらなくてもいいと思う。
そんな意見を聞くと不安になる人もいると思いますが、安心してください。
余興を成功させるためのポイントさえおさえておけば、新郎新婦から感謝されること間違いなしの素晴らしい余興になります。
せっかく新郎新婦から任された余興なので、成功させましょう。

まず余興に使う時間ですが、5分を目安にして長くても10分以内におさめるようにしましょう。
それ以上長いとほとんどのゲストは飽きて、食事や歓談に集中してしまいます。
その後の進行にも影響が出てしまうので所要時間は必ず守ってください。
余興はゲスト全員が楽しめる内容のものにし、内輪ネタは避けます。
結婚式には新郎新婦それぞれの親戚や友人が参加しているので、どの年代でも楽しめて限られた人にしか分からないネタは選ばないようにしましょう。
誰が見ても練習不足でクオリティーが極端に低い余興は、見ていてあまり心地よいものではありません。
仕事や住んでいる場所の関係で練習があまりできない場合は、難易度の低いものや練習を必要としないものにするといいでしょう。
成功する確率の低いことや、品のないようなこともしないようにしてください。
新郎新婦に対するお祝いの気持ちを忘れなければ、必ずその思いは伝わります。

このサイトでは友人の結婚式でやると喜ばれるオススメの余興をご紹介します。
余興を成功させるための参考にしてみてくださいね。

余興を成功させるポイントをおさえよう

結婚式の余興の定番といったら、歌ですよね。 音楽には人を楽しませたり、感動させる力があります。 映画やドラマなどでもそのシーンに合った曲を流すことで最大限の効果を得ています。 怖いシーンであれば怖さを倍に、感動するシーンであれば感動を倍にするのが音楽の役目です。 心の込もった歌や演奏で、感動させましょう!

新郎新婦の参加で盛り上げよう!

余興は新郎新婦それぞれの友人から1組ずつ依頼されることが多いので、余興をやっている人たちのことを知らないゲストもいます。 そこで主役である新郎新婦が参加すると、見ているゲストはさらに盛り上がります。 ゲストだけで盛り上げる自信がないという場合、新郎新婦に相談して参加してもらうのも一つの手です。

最近流行りの余興は映像演出!?

結婚式の余興というと歌やダンスが定番でしたが、最近では映像を使った演出が増えてきています。 今は動画編集ソフトの普及で素人でも簡単に動画の編集ができる時代です。 時間と労力はかかりますが、それだけ新郎新婦や他のゲストに喜ばれる余興となるのではないでしょうか。